FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-14 20:03 | カテゴリ:ギノーの裏側
ギノーの化粧品はどのように生まれているのでしょうか・・・

ギノーが誇るのは化粧品の研究とその品質です。

ギノーの化粧品が工場で作られる過程をみなさんと見ていきたいと思います。

ギノーの工場はパリ郊外にあります。ご存じの方もいるかもしれませんが、

ミレーなどの芸術家がかつて集ったバルビゾンの近くにあります。

ギノー工場オフィス入口↓

P1060618.jpg

入口には製造環境が国際基準を満たしているという証明であるISO22716(化粧品優良製造規範)と、

環境に配慮して製造を行っている会社の証明であるISO14001(環境マネジメントシステム認証)の証書が飾られています。

P1060637.jpg

製造に使われる原料や水は全て番号で追跡、管理され、

バーコードに全ての情報が含まれています。

P1060653.jpg

P1060665.jpg

1種類の化粧品を作るために必要な原料は全て同じパレットにのせられます。

P1060667.jpg

このパレットはこの入口から入ります。

P1060643.jpg

この入口は外と中の気圧が違い、中にほこりや菌などが入らないような仕組みになっています。

また、全ての行程は前に進むようになっており、清潔な状態が保たれています。

原料は大きな機械で混ぜ合わせられます。無菌室で、計量は二回行われます。

少しでも重さがずれていると次に進むことが出来ません。

また、適切な原料でないとバーコードがエラーをだし、次に進むことが出来ません。

P1060700.jpg

出来上がったクリーム

P1060720.jpg

クリームやローションなどは機械で容器につめられていきます。

P1060718.jpg

完成した化粧品は段ボールに入れられ、棚に保存されます。

注文が入ると、オレンジの乗り物が自動的に必要な化粧品の場所を指定し、探しにいってくれます。

P1060728.jpg

フタが機械で閉められ、ここからギノーの商品は世界中に届けられます。

画像 037

ギノーの研究所の様子などもまた皆様にお伝えしていきますね♪




スポンサーサイト
2012-08-14 18:54 | カテゴリ:ギノーの裏側
こんにちは。一回目のブログはパリのエステティシャン教育の現場をお届けします。

エステティシャンはどのように生まれているのでしょうか?

外国におけるエステティシャンの教育現場を見たことある方は少ないですよね。

フランスはエステ発祥の地であり、美に対する意識も非常に高いです。

実際にギノーのエステティシャンの教育現場を覗いてみましょう。


burogu.jpg


ここはパリにあるギノーの研修施設です。豊富な技術と経験を持つ

ギノーのインストラクターが化粧品について説明しています。

パリでの研修は毎年4,000人以上ものエステティシャンを受け入れています。

ギノーはフランス・ヨーロッパではエステサロンにおいてシェアNo.1であり、

それだけ多くのエステティシャンに教育を行う必要があります。

また、ギノーにはインターナショナルインストラクターがおり、世界中を飛び回り、

本場の技術や知識を世界中のパートナーに伝える役割を果たしています。


gagi.jpg



研修室には実際にギノーサロンで使用する美容機器や化粧品、ベッドなどが揃っており、

インストラクターが一人ひとりのエステティシャンに指導をしています。

kaka.jpg

手の細かい動きなどからしっかりと指導をし、エステの『プロ』を育てるように

インストラクターは日々教育をしているのです。


mapi.jpg


研修では技術だけではなく、ファイナンス、マーケティング、スタッフの管理など様々な

マネージメントの理論も学ぶことができます。

同じような教育は世界中で行われており、日本でも研修プログラムが用意されています。

2012年9月にはパリでエステティシャン養成学校ギノーアカデミーを開校される予定です。

学校はクリエーターやデザイナーが集まるパリの中心地に位置しています。

ギノーアカデミーについてはまたお話しますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。